VOICE | NOISE

人々は耳に蓋をして都市を歩く。取捨選択できる都市のサウンドスケープ。彼らが排除する「ノイズ」とは一体何なのか。むしろ聴いていない/聴こえない「ノイズ」にこそ豊かな音風景が広がっている。

 都市空間を歩く人々は皆、イヤホン/ヘッドホンで耳に蓋をし、環境音を排斥する。そして、AIを用いたノイズキャンセリングは、身勝手に外部の環境音に「ノイズ」というラベルを貼り付ける。人間の耳と環境の間のインターフェースとしてAIが機能することで、人間の音響環世界は「聴きたい音」と「ノイズ」の2つに分断される。社会に実装されるAIは我々の知覚を無自覚に変容させ、社会的なバグを排除する。本作はそれに対する微かな抵抗である。

 オンライン会議ツールや配信アプリで用いられる、「人の声」以外の音を「ノイズ」として識別・処理するノイズキャンセリングのシステムをハッキングする。AIのシステムによって引き裂かれた「人の声」と「ノイズ」という二つの音響環世界を行き来することで、鑑賞者に強制的に「ノイズ」の存在を知覚させる。我々が無意識に排除している音を認識・共有するプロセスを提案することで、AIとの無自覚な共犯関係を顕在化させる。

Credit

Programming, Recording: Makoto Amano

Cinematography: Ayumi Nagai

Exhibition

Archival Archetyping Exhibition 2020

2020.12.24 - 2021.1.10

IAMAS2021 Graduation and Project Research Exhibition

2021.2.20 - 2021.2.23

KUMA EXHIBITION 2021

2021.3.19 - 3.20  2021.4.27 - 5.31

IMG_4453.PNG